今の段階ではLTEを利用することが可能なエリアは限定的だというしかありませんが…。

WiMAXは実際に料金が安いと考えていいのか?導入メリットや意識すべきポイントを頭に入れ、流行中の格安SIM等とも比較した上で、「間違いなく安いと言えるのか?」についてレクチャーしたいと思います。

「WiMAXのサービスエリア確認をしてみたけど、実際に利用できるのか?」など、あなた個人が連日ノートパソコンを使用しているゾーンが、WiMAXが利用可能なエリアなのかエリアじゃないのかと不安を感じているのではありませんか?

モバイルWiFiを使い続けるなら、できる限りコストを下げたいと願うのではないでしょうか?料金と言われるものは月々支払うことになりますから、たとえ200〜300円くらいの違いだとしても、年間で計算しますと結構違ってきます。

プロバイダーにより変わってきますが、キャッシュバックされる金額は思っているほど高いとは言い切れませんが、手続きそのものを非常にシンプルにしているプロバイダーも存在しております。そうしたポイントも比較した上で選定してほしいと思います。

案外知らないようですが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標となっています。だけどWiFiルーターの一種だということから、実際的には普通名詞だと認識されているようです。

「ポケットWiFi」と言いますのは、ワイモバイルが提供しているモバイルWiFiのことであって、本当のところ外出時でもネットに繋げられるWiFi用端末の全部を指すものではなかったのです。

ワイモバイルと言いますのは、KDDIなどと同じく自分のところでモバイル用回線を持ち、独自にサービスを展開する移動体通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードオンリーのセールスもやっているのです。

速度制限規定がないのはWiMAXだけという印象かもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を切り替えることで、速度制限に引っ掛かることなく使用可能な「アドバンスモード」という呼び名のプランがあります。

WiMAX2+のギガ放題プランについては、一ヶ月7GBというデータ使用量の規定はありませんが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限が掛かってしまうことがあります。

WiMAXは、費用的にも他のモバイルルーターよりお得な料金でモバイル通信が可能です。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで何台もの通信機器をネットに接続させることが可能です。

多くのプロバイダーが、電子メールを通して「キャッシュバックの振込準備完了しました。」という告知をしてきます。契約をした日からすごい日数が経ってからのメールになるので、見落とすことが多いと聞きます。

スマホで使うLTE回線と形上異なるのは、スマホは本体自身がダイレクトに電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを介して電波を受信するという部分だと考えています。

自宅のみならず、戸外でもインターネットに繋げることができるWiMAXではありますが、常に自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターよりも自宅用ルーターの方が良いと思います。

WiMAXの進化版として発売されたWiMAX2+は、これまでの3倍という速さでモバイル通信をすることができます。更には通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+の他に、au 4G LTEも利用することが可能となっています。

今の段階ではLTEを利用することが可能なエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外で通信するときは必然的に3G通信に変更されてしまいますから、「接続できない!」という様なことはないと言うことができます。

|


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です