「ギガ放題プラン」で利用者が急増中のWiMAX…。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを敢行しているプロバイダーが複数社ありますが、キャッシュバックキャンペーンをしていないプロバイダーも稀ではないので、しっかりと確認したいものです。

「ギガ放題プラン」で利用者が急増中のWiMAX。高速モバイル通信量の上限規定がないモバイルWiFiルーターとして現在の一番人気を誇っており、導入も手間要らずですし、プラン内容を考えれば月額料金も比較的安価です。

WiMAXの新鋭版として提供開始されたWiMAX2+は、WiMAXの3倍の速さでモバイル通信ができるとのことです。その上通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+のみならず、au 4G LTEも使うことが可能です。

全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダーが違えば月額料金は変わるというのが普通です。このウェブサイトでは、人気を博している機種を“料金”順でランキング化しておりますので、比較していただければ嬉しいです。

目下のところWiMAX2+のサービスエリアとはなっていないという人も、今現在購入できるWiFiルーターであれば、これまでのWiMAXにも繋ぐことが可能になっていますし、更にオプション料金を払えば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋ぐことができます。

ポケットWiFiと言いますのは、携帯のように各々の端末が基地局と無線にて接続されるというシステムなので、手間暇の掛かる配線などに悩まされることがありませんし、フレッツ光であるとかADSLを契約した時と同様のインターネット開通工事もする必要がないのです。

現時点で売り出されている様々なモバイルルーターの中で、私個人が推奨できるのはどの機種になるのかを、それほど通信関連については分かっていないという方にも納得いただけるように、ランキング形式でご紹介いたします。

「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」の3種を選択肢に入れて、それらの良い点と悪い点を理解した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキングの形でご披露させていただきます。

WiMAXのサービス提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%なのです。東京都内23区は言うに及ばず、日本の県庁所在地などでは、何一つ制約を受けることなくサービスを享受することができると受け止めて頂いていいと思います。

WiMAX2+と言いますのは、2013年にスタートしたWiFiサービスなのです。それまでのWiMAXと比較してみましても、通信速度などが著しく高速になり、それぞれのプロバイダーが一歩先行くWiMAXとして、キャッシュバックを前面に打ち出してセールスしているのです。

ワイモバイルのポケットWiFiを初めて利用してみましたが、これまで所有していた何ら変わらないサービスを提供している同業他社の物と対比しましても、通信品質などの面は全然変わりがないと強く思いました。

プロバイダー各社が決めているモバイルルーターの1カ月ごとの料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキングにしました。ルーターを探している方は、最優先で閲覧してほしいです。

モバイルWiFiの1カ月毎の料金は凡そ2000円〜5000円となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックをしているところがあるのです。このキャッシュバックされる額をすべての経費から差し引けば、実質コストが分かるのです。

「速度制限がなぜ行われるのか?」と申しますと、モバイル用に提供された回線に短い時間にアクセスが大量になされると、そのエリアでPCを利用している全ての契約者が、うまく接続できなくなったり速度が落ちてしまうからなのです。

ドコモとかワイモバイルですと、3日間で1GBという容量を超過すると、決められた期間速度制限がなされることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、そうした制限は存在しません。

|


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です