普通のプロバイダーは…。

普通のプロバイダーは、本元のUQWiMAXから回線を貸してもらうためのコストだけ負担すればいいので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は安いことが一般的です。

1カ月間のデータ使用量が無制限と謳われている「ギガ放題」が人気ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在します。こちらの「通常プラン」は、「データ使用量は最大7GBまで」となっています。

某プロバイダーなんかは、キャッシュバックを4万円弱の金額に設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が周りのプロバイダーと比べて高額でも、「平均してみると低料金だ」ということがあると言えるのです。

常日頃WiMAXを使用しているわけですが、客観的な見方でモバイルWiFiルーターを比較し、「現実いい機種はどれになるのか?」を見極めたいと考えるようになりました。

「WiMAXをとにかく安い金額で思いっきり使いたいのだけれど、どのプロバイダーと契約した方が賢明なのか結論が出ない」とおっしゃる方に向けて、WiMAXのプロバイダーを比較したWiMAX専用ページを制作しましたので、よければ閲覧してみてください。

モバイルWiFiを安く利用したいなら、とにかく月額料金が肝だと言えます。この月額料金設定が安めの機種を選択すれば、将来的に支払う合計金額も少なくすることができますから、何を差し置いてもその部分を確かめるべきです。

オプションということになりますが、WiMAXのサービスエリア圏外でも、高速で著名なLTE通信が使える機種もラインナップされているので、はっきり言ってこのWiMAX機種1台所有していれば、日本全国でほとんどモバイル通信が可能だと言ってもいいでしょう。

LTEというものは、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」という意味の通信規格で、何年か先に登場してくるであろう4Gへの変更を円滑に進展させるためのものです。そんな訳で、「3.9G」として類別されています。

ワイモバイル(ソフトバンクのモバイル通信ブランド)のポケットWiFiは、WiMAXと同等レベルの速度は出ませんが、その周波数の影響で電波が達し易く、建物の中にいてもほとんど接続が可能だということで評価も高いようです。

モバイルルーターにも多数の機種があるわけですが、ますが、その中でも注目度ランキングで、どんな時も上位に位置するのがWiMAXなのです。別のルーターと比較してみても回線速度が速いし、毎日ネットに没頭している人には重宝するはずです。

モバイルWiFiの一ヶ月の料金は大体2000円から5000円の間となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックを実施しているところがあります。このキャッシュバックしてもらえる金額を掛かった費用から引きますと、本当に掛かった費用が算定されます。

WiMAXギガ放題プランについてですが、たいてい2年間という期間の更新契約を前提として、基本料金の値引きやキャッシュバックが行われているのです。その辺の事情を分かった上で契約するように心掛けてください。

モバイルルーターなら全部3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限規定があります。とは言え非常識とも言える使い方を控えれば、3日間で3GB分利用することはほとんどありませんから、そんなに心配しなくても問題ありません。

全く同じモバイルルーターでも、プロバイダー毎に月額料金は変わってくるものです。このWEBページでは、高評価の機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますから、比較しやすいと思います。

ポケットWiFiについては、一定期間に使用できる通信量とか電波の種類が異なったりするので、どのように使用するのかによりその人にフィットするモバイルWiFiルーターも違って当然ではないでしょうか?

|


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です