「ポケットWiFi」と申しますのは…。

一ヶ月のデータ使用量が無制限となっている「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあるのです。こちらのプランは、「データ使用量の上限は7GB」という設定となっています。

WiMAXモバイルルーターについては、携行できるように製作された機器なので、鞄の中などに余裕で入れることができる大きさとなっていますが、利用する時は先に充電しておくことが必須になります。

WiMAXは実際に料金が割安だと言えるのか?利用のメリットや留意事項を確認し、ようやく浸透してきた格安SIM等とも比較した上で、「確かにお得なのか?」についてご説明させていただきます。

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、WiMAXとワイモバイルという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度を除外したほとんど全ての項目で、WiMAXの方が優れていました。

モバイルWiFiを所持するなら、可能な限りお金が掛からないようにしたいと考えますよね。料金と申しますのは毎月毎月支払うことになりますから、仮に数百円位の差であったとしても、一年間で換算すると結構大きな差になります。

「WiMAXを買うつもりだけど、通信可能エリア内かどうか不安がある。」と思っている方は、「15日間の無料トライアル」期間がありますから、そのお試し期間を利用して、毎日の生活で使用してみるといいのではないでしょうか?

モバイルルーターなら全部3日3GBか1カ月7GBの速度制限があるのです。とは言っても常識外の利用の仕方を避ければ、3日間で3GBに到達することはあまりないでしょうから、そんなに不安を抱く必要はありません。

「WiMAXあるいはWiMAX2+を買い求めるつもりだ」とおっしゃる方に注意していただきたいのは、きちんとプロバイダーを比較するということをしないと、多い時は3万円ほどは損しますよということです。

モバイルWiFiの1カ月毎の料金は概ね4000円ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックをセールスポイントにしているところが見られます。この金額を支払い総額から減算しますと、本当に支払った費用が明確になります。

WiMAXのモバイル通信エリアは、着実に時間を使って拡充されてきたのです。その成果として、現在では市内は勿論の事、地下鉄駅などでもほとんど通じないということがないレベルにまで到達しているわけです。

ワイモバイル(ソフトバンクの通信ブランド)のポケットWiFiというのは、WiMAXよりは低速であることは否めませんが、その周波数の特徴で電波が回り込みやすく、室内でも快適に視聴することができるということで人気を博しています。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供するすべてのWiFiルーターを指す」というのが正解だと言えるのですが、「場所を選ばずネット環境を作り出してくれる端末すべてを指す」と解した方がいいでしょう。

スマホで使用するLTE回線と根本的に違っているのは、スマホは端末自体が直接的に電波を受信するのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターによって電波を受信するという点になるでしょう。

LTEと称しているのは、携帯電話であるとかスマホなどで利用されている最新の高速のモバイル通信技術なのです。3G回線と4G回線の間に位置する規格という意味合いもあって、WiMAXと同じく3.9Gに分類されています。

現在ある4Gというのは本来の4Gの規格とは異なり、日本においてはまだマーケット提供されていないモバイル通信サービスです。その4Gの正式なセールス展開までの一時的な規格として登場してきたのがLTEになるわけです。

|


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です